FC2ブログ

早朝営業中 あしたのこうしたら勝てるようになったFX

WCtakeFX投資トレード手法でどれだけ稼げるのでしょうか。メルマガ登録無料!

月曜朝7時窓閉め 10月14日から9連勝の疑問にお答えします

おはようございます。


このブログでは、月曜朝7時窓閉めの私のトレードを紹介しています。

過去のデータから勝ちやすい日に限り、月曜朝7時に窓閉め方向にエントリーするのです。

EUR/JPY で入ることが多いのですが、状況によっては USD/JPY、AUD/JPY、EUR/USD などの場合もあります。

DMMFXさんをメインで使ってますが、GMOクッリック証券さんを利用することもあります。


現在、今年後半の冬時間(11・12月)は、6勝0敗で見送りが1回。

夏時間からだと、10月14日から見送り1回を挟んで 9連勝です。


もし、私と同じようなトレードをしている方がおられましたら、

『どうして10月14日から? 10月7日は、勝てたはずだから、10連勝と書けばいいじゃん。』  

と疑問をもつ方が、いらっしゃるかもしれません。

私はある理由で、前の週の月曜日は意図的にトレードしなかったのです。


ではここで、10月7日月曜日の朝7時に戻ってみましょう。

-- -- -- -- -- -- --

米 借金引き上げ問題が長引いていましたが、『またいつものことか』 と、マーケットは冷静になっていました。

しかし、米政府機関の一部閉鎖という新たな展開の為 朝7時にはリスク回避の動きから対円通貨がすべて下窓を開けてのスタートです。

EUR/JPYだと、7時直後はあまり動かず、7時2分から7時8分までの間、窓閉め方向への強い上昇がありました。

-- -- -- -- -- -- --

窓閉めエントリーしていれば勝っていたのです。 でも、わざとしなかったのです。


実は、窓閉めトレードは、アベノミクス以降勝率が下がってきているのです。

でも、勝ちやすい時期とそうでない時期が、私の記録では、だいたい決まっているのです。

ですから、月曜朝7時窓閉めの動きにはアノマリーがあるのです。


ちなみに、9月は勝つのが困難なのに、11月からは簡単に勝てるのです。

この転換期が、10月にあるのです。

10月のいつから勝てるようになるのか?

この規則性が本当に、この後も続くのか?

これらを判断するために、しばらくの間エントリーしていなかったのです。


10月7日 下窓が開いたけれどまだ勝てない時期ならば、窓閉め方向とは逆の下方向へ行って負けてしまうと思います。

この日、窓閉め方向への強い上昇をみて、転換期がきたと判断したのです。 

そして、来週からは最大Lot数で勝負できると思ったのです。

(ちなみに、昨年2012年の転換は10月15日で、その後は負けなしです。今年の転換期はそれよりも早く訪れました。)


だから、10月7日はトレードなしで、14日から 9連勝(見送り1回)なのです。


ここまで慎重にして、なおかつ、窓閉めのデータが信頼できるので、窓閉めの強い時期に限っては最大Lot数でのエントリーができるのです。


尚、スプレッドが広い時間帯がありますし、Lot数が大きいと、買いの場合大きい評価損からのスタートになりますし、売りの場合は決済時のスプレッドが気になるトレードになります。

窓閉めトレードになれていない方には、おすすめできません。

当たり前のことですが、投資は、自己責任でお願いします。



私は、中期トレードならWCtakeFX投資トレード手法を参考にしています。

こちらだと、1トレードで、数百pipsとれるので、最小Lotでいいのです。



明日23日の月曜朝7時窓閉めトレードは、過去のデータから少し作戦を変更します。

明日窓閉め前のブログで、書きたいと思います。



ブログ村さんで、毎日新しいブログがどんどん増えています。

今日からしばらくの間、右下の『サンタねこ』が、そんな無限のブログの世界へ案内します。


最後まで 覧いただきましてありがとうございます。   あした

にほんブログ村 為替ブログ ユーロ円へ


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aikoko15.blog.fc2.com/tb.php/26-a334bb77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)