FC2ブログ

早朝営業中 あしたのこうしたら勝てるようになったFX

WCtakeFX投資トレード手法でどれだけ稼げるのでしょうか。メルマガ登録無料!

やはり、シグナルがメインですね

おはようございます。


1月14日・15日の記事に書いている 「 WCtakeメルマガコメントトレード 」 ですが

1月29日のメルマガでは

「本日はこのまま、株・為替共に上値の重い状態が継続するかと思われます。」 のコメントで

対円通貨ペアの売りが考えられましたが、

豪ドル円に発生したシグナルで「戻りを待って」とありました。


筆者は、大きく下げていた対円通貨ペアは戻る可能性も予想できるので

「 コメントトレード 」 は見送りました。


1月15日の記事の☆印の日のように このようなコメントがあった場合は見送ってましたしね。

迷ったときは見送って、エントリーを絞れば勝率は高くなると思っています。


もし、エントリーしていたら どの対円通貨ペアでも負けだったかな。


入られた読者様がいらっしゃったとしても、

その日の夜にWCtakeFX投資トレード手法の

AUD/JPYポジションの含み益が 100pips近くになっていましたので ほっとしています。



今回も 無料会員様も優良情報とまったく同じ情報でエントリーチャンスがあったわけですね。

筆者も 「 WCtakeFX投資トレード手法 」 の方は メルマガの指示通りに AUD/JPYをエントリーしていました。





やはり、「 メルマガコメントトレード 」 に関心が お有りの無料会員様にとっても

投資トレード手法5通貨ペア無料シグナルのお試しがメインで 「 コメントトレード 」 は 「 おまけ 」 と考えましょう。

そして、どちらも 低ロットがよろしいかと思います。



いつもご覧いただきましてありがとうございます。 

                 あした   にほんブログ村 ユーロ円へ


ブログ村 オリジナル手法へ

スポンサーサイト



またEUR/JPYでの利益確定は、たったの数時間で +378.2 pips!

おはようございます。


WCtakeFX投資トレード手法の先週の筆者の結果です。

前回記事の続きです。



23日に EUR/JPY売りシグナルが出まして

メルマガでは、3段階エントリーを推奨されていました。


筆者は 基本2ロットですが、チャンスシグナルでしたので合計3ロットを、

1ロット成り行きでエントリーして、残りは

戻りを待ってメルマガの指示通りの指値で 1ロット X 2段階で設定です。


結局戻りがほとんどないうちに急落してたったの数時間で第一ターゲット到達してました。

1ロットのポジションだけしか作れませんでしたので

第二ターゲットを目指すポジションは残りませんでした。


26日のメルマガでは +350pips の利益確定発表でしたが

筆者は +378.2pips の獲得でした。

メルマガ到着後に成行でエントリーしましたが

NY終値よりも かなり有利なレートだったので その差だと思います。


金曜日のポジションがその日のうちに利確出来て

週末を前にノーポジションになりすっきりでしたね。  (^_^)




なお、同じ26日のメルマガで利確発表があった AUD/JPY売りシグナルは

エントリーを見送っています。


このオージー円シグナルは、16日の無料メルマガで

「 95.90と96.60までの戻りを待って二段階で・・・ 」 とありましたので

エントリーされていた読者様は 最大で、+380pips は利益獲得 の模様ですね。 \(^▽^)/



無料メルマガのシグナル情報は、本当に すごいですよね。



資金管理が大変重要ですので 低ロットで 無理をしないことが一番ですね。

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

                 あした   にほんブログ村 ユーロ円へ

ブログ村 オリジナル手法へ

2ポジが大きな含み益、独自のロスカット位置変更で・・・

おはようございます。 


WCtakeFX投資トレード手法の筆者の結果です。

先週決済のポジションをまとめてお伝えします。



14日に成行で売りエントリーした EUR/USD。

同じ日に GBP/JPYにも売りシグナルが出ていたんですが

三段階に分けての分散エントリーだったので見送りました。

ところが翌日に エントリー値が 170.40 のみに絞られ 指値での売りエントリーで約定。


2種類のポジションとも大きな含み益になり ロスカット値が切り下がりましたね。

うれしいことに両方共に十分な利益が出る位置になったんですね。



WCtakeFX投資トレード手法のロスカット設定については

WCtakeFX投資トレード手法 をクリックしてご覧になられれば 2通りの方法が記されているんですね。


① 「 NY終値がロスカット価格を超えてしまっていたら東京時間で成行で決済 」 する方法と

② 「 ロスカット値を指値設定しておく 」 方法です。


筆者の場合はロスカット値をストップ設定にはしません。

「何らかの要因で、一時的に相場が急変した場合でも、

それまでのトレンドは結局は変わらない。」

というのが WCtake さんの基本的なお考えで 私もそう思うからです。

ですから ① のNY終値とメルマガを確認してから成行決済する方法を採っています。


しかし、ストップは必ず入れるというのが 筆者のFXトレード方針なのです。

そこで、ロスカット値よりも ある程度 離れたところに 独自の逆指値を入れています。


2014年3月8日の 『 私のWCtake手法のロスカット設定方法 』 の記事でも書いていますが

今回も そうしていました。


2つのポジション共に ほんの僅かでもプラスになる位置にストップを設定して

ストレスフリーです。 (^_^)



そして 結果は、


GBP/JPYは ストップにかかり +1.0pips X 2ロット

トータル +2.0pips 獲得でした。 (^O^)

EUR/USDはストップにかからずに 22日の朝にロスカット値を超えていたので成行決済で +160.1 pips X 2ロット

トータル +320.2 pips でした。 ヽ(^O^)ノ


なお、両方共にチャンスシグナルでしたが

当時、他にもポジションがあったので資金管理上 基本2Lotのままで 増し玉はしませんでした。


GBP/JPYのエントリー値 179.4 も ロスカット値が切り下がったのも

メルマガを無料登録されていただけで、配信された情報
なんですね。

しかも、ロスカット設定を ② にされていたら 私よりも多くの利益を獲れていたわけですね。


ただ、大事なロスカット設定も ① と ② と 筆者の方法と、どれがいいのか

あるいはそれ以外にいい方法があるのか わかりませんので

お試しされていらっしゃる読者様のご判断にお任せいたします。



先週決済のポジションをまとめてお伝えしようと思っていたのですが

長文になりましたので、次回に続きます。  <(_ _*)>



資金管理が大変重要ですので 低ロットで 無理をしないことが一番ですね。


最後まで ご覧いただきましてありがとうございます。

                 あした   にほんブログ村 ユーロ円へ

ブログ村 オリジナル手法へ

次のページ